ビタミンC誘導体の選び方


アプレシエの画像

 

ビタミンC誘導体は、抗酸化、シミ、毛穴の開き、皮脂抑制作用があります。

また、肌の張りの成分でもあるコラーゲンの生成に不可欠な成分が、ビタミンCです。ただ、ビタミンCそのままでは肌に吸収されにくいため、ビタミンC誘導体は肌に浸透させやすい形に変えた成分になります。

主に市販されているビタミンC誘導体の化粧水、美容液は、以下のように水溶性と油溶性があります。

水溶性のビタミンC誘導体の成分

  • リン酸アスコルビルNa
  • リン酸アスコルビルMg
  • アスコルビン酸グルコシド

油溶性のビタミンC誘導体の成分

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • テトライソパルミチン酸アスコルビル
  • テトラリン酸アスコルビル

 油溶性の方が、水溶性よりも浸透しやすいのですが、粘性が高いので美容液が多いです。水溶性のリン酸型ビタミンCは、ビタミンC誘導体の化粧水に多く入っています。

他にも水溶性と油溶性の2つの特性をもつ、新型ビタミンC誘導体があります。APPS(アプレシエ)と呼ばれて、リン酸型よりもはるかに高い浸透率があります。

詳細はこちらの記事(APPS化粧水)で解説しました。

 

より肌に浸透させるには?

ピーリング後につける

ピーリングで余計な角質を除去した後に使うと更に効果が上がります。

イオン導入を使う

イオン導入器は、ビタミンCが水に溶けると電気的にマイナスになる性質を使って、肌に塗ったあとにマイナスの電極を当てて、強制的に肌に浸透させる技術です。昔は美容クリニックでしか出来ませんでしたが、最近はハンディタイプの美顔器が普及してきていて、イオン導入タイプのものも3万円以内くらいで売れています。これを使うのもおすすめします。